nobcha23のABブログ Airband receiver kit BLOG

エアバンドレシーバーキットの組み立て、改造を手掛けます Assemble and remodel Chinese airband receiver kit

エアバンドレシーバーキット組み立て後の改造改良TIPS There are some ideas tips along improbing kit sensitivity


中国製の航空無線受信機キットを組み立てて、色々改造や追加などやっています。

I'm trying to assemble and remodel for China made airborn receiver kit in some ways.

 

イタリアのロベルトさんから組み立て後トラブルシューティングで相談来て、メールをやり取りしておりました。見直し点を連絡し、結果的には解決できたようです。その問題解決の途中でロベルトさんが回路自体を見直したら、いくつか感度アップのTIPSが出てきました。組み立て不具合見直しだけでなく、回路設計手直ししたらうまく動くようになったと返事がきました。

As Mr.Roberto asked me where he should review after assembled, we had exchange mails to solve his issues. Finally he got good result and he taught me those how to remodel.

 

ここではロベルトさんから教えてもらった改造、回路見直しTIPSを紹介します。

I will introduce such tips for better sensitivity.

 

まずは初段の帯域フィルタですが、ロベルトさんは基板パターンコイルの替りにエナメル線コイルを巻き、入れ替えたそうです。
Mr.Roberto introduced to change PCB pattern filter coil to enamel wire coil.  I had taken the other way to change capacitors as I wrote the other BLOG procedure.

 


ワタシは可変コンデンサに変え、次に値をLCメーターで読み取り、固定コンデンサーに入れ替え、更にコンデンサーを折り曲げて、コイルと結合させて帯域をフラットにする方法を発見。次のブログを参照ください。

nobcha23.hatenadiary.comOn this point I adopted above remodeling procedure for improving first filter pass band characteristics.

 

 

次にロベルトさんはNE602のアプリケーションマニュアルを見て、入力部に入っているR3:270Ω(エナメル線コイル基板バージョン、PCBパターンコイルバージョンでは図の通りR6となる)は感度ダウンになるとして、取り去ってしまいました。回路図は次になります。

f:id:nobcha23:20200412204018j:plain

NE602 surround circuit



Nextly he found no need of 270Ω resister on NE602 input and removed it as written on circuit diagram above.

 

更に村田のセラフィルマニュアルを見て、10.7MHzセラフィルのインピーダンス整合が回路でとられていないことを発見。
ロベルトさんはYの#3から2SC3356へのパターンを切って0.01μF入れて、手前に抵抗を入れるということでしたが、ワタシは0.01μF+390Ωを入れました。
Furhtermore he found avoided inpedance matching for 10.7MHa celafil and he cut PCB pattern trace bedween Y1#3 to 2SC3356 base and put 0.01μF bedween those instead and 390Ω for loading. I had changed as below circuit diagram.

この件では作った時からセラフィルの中心周波数で感度を取ると受信周波数が下がるような感じがあったので、MURATAのカタログ使用表からすると、インピーダンスが低くて低域の方へと特性が移っているように思えます。


また、もう一つありました。LM386の利得が取れていないので、LM386の#1-#8間に10μFを入れます。
He pointed LM386 low gain usage and added 10μF between LM386 PIN#1 and PIN#8 for gainning boosted.

f:id:nobcha23:20200412204229j:plain

LM386の増幅度増やす

 このLM386利得アップは音が大きくなり、印象的な効果があります。この回路はもともと006P バッテリー駆動だったので、このコンデンサーはつけていなかったと推定されます。(元祖回路は次?)

www.tonyvanroon.com


After I  changed above issues, I got better sensitivity than ever.

 

Thanks much for Mr.Roberto's giving us advice.

 

ロベルトさんの情報提言に感謝します。(ところで、COVID-19のため、もう一か月以上彼の住む市街が閉鎖されているとのこと)

 

rover.ebay.com

 

35MHz-4000MHz RF SG ADF4351 VFO

PCBパターン型フィルターの帯域特性改善 How to imrove band pass condition.

エアバンドレシーバーキットを組み立てて遊んでいます。


初めに組み立てたキットではフロントエンドに入っているフィルタはエナメル線コイル、コンデンサーは固定でした。どんな帯域特性かと思ってアマチュア用スペアナでのぞいたら、しっかりした特性だったので納得でした。

nobcha23.hatenadiary.com


I'm handling Chinese made airband receiver kit.
At first I assembled enamel wire coil style kit and such filter characteristics was good pass band characteristcs with viewing amateur radio spectrum analyser.

 

次にもう一台組み立ててみようかと思って買ったら、今度はPCBパターンコイルのフィルタでした。こちらもどんなものかと特性を測ったら、かなりひどくて、エナメル線コイル式に比べてかなり感度が落ちる特性です。

nobcha23.hatenadiary.com

 


エナメル線空芯コイル式だとコイルを変形させて調整可能です。PCBパターンコイル+固定コンデンサデでは手が出ません。そこで、コンデンサーを可変コンデンサーに変えて特性改善を図ってみました。すると、コンデンサーを可変させてこねくり回すと、そこそこの特性が出ました。

When enamel coil style, we could tune coil inductance by resizing coil. However PCB pattern coils and fixed capacitors are rigid of characteristics. So I changed fixed capacitors into variable capacitors an I got some improved characteristics fianlly.

nobcha23.hatenadiary.com


Next time I am trying to assemble another style PCB as PCB pattern coil. When I viewed such pass band characteristcs as badly lower sensetive than enamel wire coil style.

 


これで満足していたら、イタリアのロベルトさんから、可変コンデンサーに変えて、回路図はどうなっているのという質問が来ました。
After then I got mail inquary from Robert san in to ask what value of adjusted capacitors and how being circuit diagram.


そこで、質問の裏の意図を察し、可変コンデンサーの調整値はいくらなのかを測定し、固定コンデンサーに置き換えられないのかの実験をやってみることにしました。
I guessed his asking being how to improve characteristic of PCB pattern filter.

 

回路図はこれです。回路図指定の固定コンデンサーの値、可変コンデンサを取り外してみて、自作のLCメーターで測ってみました。このLCメーターは1pF近辺まで測れるんですが、精度が±1pFなので、ちょっと荷が重い任務です。


First of all I used my developed LC-meter to measure capacitance value of variable capacitance. It was not so accurate and least measurement value was 1pF.

 

f:id:nobcha23:20200315151521j:plain

回路図とコンデンサーの値あれこれ

 


フランクリン発振器をもう少し高い周波数にして、計算値の精度を上げれば0.1pFぐらいの誤差まで改良できそうですが、それはまた今後の課題とします。

 

ということで、可変コンデンサーの調整値を読み取り、部品ボックスから近辺の固定コンデンサーを探し出して付け替えました。
When I changed into fixed capacitors, but in vain it was not enough better than ever.

 

コンデンサーの改善値としては C3,C4は1.5pF、C7は43pF, C8は51pF、C9は33pFとなりました。


ところが、固定コンデンサーでは可変コンデンサーの値まできめ細かくないので、結局いまいち特性です。
After changed into fix value capacitance, pass band characteritics was not be improved beacuse of their value error.

 

f:id:nobcha23:20200315151658j:plain

可変コンデンサーの値読み取り固定コンデンサーに変えたときの特性

 


次にこのフィルターで一番クリティカルなのはC3,C4のように思います。容量が1.5-2pFの間位にしないといけないように想定されます。
At this point I changed my thinking to tune by parts placement. It was most critical of C3,C4 as 1.5-2pF.

 

コンデンサーの浮遊容量とコイル間の相互結合で何とかならんかと思い、C3,C4,C8を基板の上に倒してみました。そうすると何とぴったりの帯域特性になるではありませんか。偶然とはいえ面白い結果になりました。
Depending on my easy idea, I bent C3, C4, C8 to be laid on those side. It brought better pass band characteristics as below.

 

f:id:nobcha23:20200315152128j:plain

コンデンサーを基板上に寝かして特性改善した値

 

f:id:nobcha23:20200315152257j:plain

C3,C4,C8をこのように寝かせると特性改善

 

f:id:nobcha23:20200405151025j:plain

回路図まとめ

 

 

 

Airband receiver kit 

Airband receiver aluminum case

PLJ-1601-C 周波数カウンタ

ATISを受信してみる

中国製のエアバンドレシーバーキット、次にHRD- 737と入手して、大阪国際空港近辺で、航空機無線のワッチに励んでいます。

 

そういえば、いつも電波が出ていて、調整に便利に使えるのは各空港のATISだと聞きました。

 

大阪空港でどんな電波出ているかWEBを探してみました。

COM周波数 関西APP 120.4500 (P)  

 関西APP 124.7000

 関西APP 261.2000

 関西DEP 119.5000

 TWR 118.1000

 TWR 126.2000

 TWR 236.8000

 GND 121.7000

 GND 126.2000

 CLR 118.8000

 ATIS 128.6000

 

航空会社カンパニー

 ANA/IBX/SFJ/SNJ/ADO/APJ/ORC 130.4500

 JAL/AHX 131.8500

日本空港無線サービス(泉南送信) 130.9500  131.0500

地上業務

 ANA 149.5300 (FM)

 JAL 372.4500 (FM)  462.0250 (FM)    469.3625(FM)

 大阪国際空港ターミナルビル  414.6000 (FM)

 マイアミ空港サービス 159.0500 (FM)

 エージーピー 158.8100 (FM)

 航空局/気象庁 153.4500 (FM)

兵庫県警察航空隊   135.9500

 

四六時中出ている電波は128.6MHzATISですね。気象状況など英語で放送しています。HRD-737ではRSSIが15dBと出ました。

f:id:nobcha23:20200202220005j:plain

HRD-737で128.6MHzを受信15dBとでた

 

次にエアバンドレシーバーキットでも受信しましたが、128.6MHzだと同じマンションのどこかからやってくる妨害波とかぶっていて内容が聞き取れません。128.7MHzにするとクリアに受信できます。なぜだろう??

 

海外のwebの情報では中国製エアバンドレシーバーキットの感度は-105~106Dbmぐらいだそうです。ざっと1μV+ぐらいです。

 

HRD-737は2μVとあります。ちょっと感度が落ちるんですね。-100dBm

 

HRD-737で大阪国際空港ATISを受けると、15dBとRSSI表示が出ました。

 

同じアンテナを中国製エアバンドレシーバーキットにつないで、自家製局発Si5351aを使うと、かぶっていて、受信できません。局発を128.7MHz受信に設定するとクリアに受信できました。

 

この結果からするとHRD-737の方が妨害に強く、中国製エアバンドレシーバーキットは感度が良いように思いますが、HRD-737に30dBアンプをつないでみると今度はATISに妨害波がかぶって受信ができなくなりました。

 

 

この実験でSDR(HRD-737)と帯域広いアナログ受信機の感度と妨害波選択度の違いが表れているように思います。

 

 もう少し実験をしてみて、本当にそうなのかを確かめてみることにしました。

 

 さて、このポケット型受信機の話題や話を中心に説明するブログを別に作ることにしました。こちらもご覧下さい。

HRD-737改造第一歩。アンテナコネクタをSMAにしました。 Put SMA connector instead of ANT terminal

HRD-737改造の第一歩として、ロッドアンテナの替りにSMAコネクタにしてみます。

To remodel HRD-737 more, I replaced rod antenna to SMA cnnector.

f:id:nobcha23:20200126114353j:plain

カバーを外し、ロッドアンテナへの接続を外す。

手元にSMAコネクタケーブルがあったので、これを利用します。

In the junk box I found connector with cable. I will use this.

 

SMAコネクタはネジ止めフランジ付きなので、これをイアホンコネクタが干渉せぬように、ちょっと外し、ロッドアンテナの穴を若干やすりで削って大きくします。セルフタップネジでケースにSMAコネクタを取り付けます。

This SMA connector is flange type and there is scarcely installing connector against neighboring ear phone jack. I shaved ANT hole some and installed SMA connector with self tapping screw.

f:id:nobcha23:20200127210552j:plain

ロッドアンテナの穴にちょうどSMAコネクタがはまります

 

受信機基板のアンテナ接続端子とアースに同軸線をはんだ付けして、これでOK.

I soldered cable on to ANT terminal and ground pattern.

f:id:nobcha23:20200127210635j:plain

こんな感じでSMAコネクタ取り付け

アンテナコネクタにすると、当然ながら受信できませんので、SMA接続のアンテナ(435MHz用でした)をつないでFMを受信。アンテナなしではザーザーノイズだけが、ANTつけるときれいに受信できます。

I diverted hamband SMA antenna preliminary and could receive airband radio communication.

f:id:nobcha23:20200127211136j:plain

SMA接続タイプのアンテナをつけてみる

 

 

次はエアバンド用のSMA接続アンテナを作らないといけません。

Next time I shall make up SMA connected airband antenna later.

-- Please refer the blog of new home brew antenna as below.

hrd-737.hateblo.jp

 

 その前に30dBLNAを接続してみました。すごい!RSSI値が30dBアップしました。

本当かな・・・。

hrd-737.hateblo.jp

Before making high gain ANT, I added 30dB LNA on front of receiver. It brings high

sensitivity as 30dB upward RSSI display.

 

 

 ZHIWHIS エアバンド受信機...

Docooler HRD-737フルバンド

 

 さて、このポケット型受信機の話題や話を中心に説明するブログを別に作ることにしました。 

hrd-737.hateblo.jp

rover.ebay.com

 

 

千里川土手へ行ってHRD-737でワッチ

サイクリングに行ってきました。大阪国際空港のそばで着陸する飛行機が大迫力で見えるという千里川土手です。HRD-737で大阪タワーをワッチしながら見学します。

 

 

f:id:nobcha23:20200125192202j:plain

豊中市原田 大阪国際空港

 

 

 

 ZHIWHIS エアバンド受信機...

Docooler HRD-737フルバンド

 

 

rover.ebay.com

 

プリント基板パターンコイルフィルタの通過特性改善 How to improve print circuit board style filter?

キットではプリント基板パターンコイルフィルタの同調用コンデンサーは固定です。

それも2pFと47pF(回路図は43pF)です。

For this kit tuned capacitor is fixed and such value are 2pF and 47pf (on circuit diagram

they are 43pF but actual parts are 47pF)

 

エナメル線空芯コイルフィルタの場合はコイルを巻き間隔を伸ばしたり、縮めたりとできましたが、固定パターン固定コンデンサでは手が出ません。

When enamel wire style filter we could tune by spacing for coil each wire or reducing

coil wire separation. Nevertheless fixed pattern coil could not be tuneed by such technic.

 

そこで、部品箱から可変コンデンサーを見つけて、入れ替えてみました。

2pFの替りに最大8pF、47pFの替りはMAX60pF(茶)とMAX100pF(黒)です。

So I just change fixed to variable capacitors. I changed from 2pF capacitors to 8pF variable capacitors and  from 47pF to 60pF variable capacitors(brown colored) or

100pF variable capacitors(brack colored).

f:id:nobcha23:20200113115725j:plain

可変コンデンサーに入れ替え

中心周波数はC8の影響が大きい。C3とC4が帯域幅に影響。

Center frequaency is much depending on C8 value and C3 and C4 are effecting bad width.

 

f:id:nobcha23:20200113185811j:plain

TGの特性

f:id:nobcha23:20200113185834j:plain

試行錯誤調整の後

 可変コンデンサーに変えて調整する前はこんな二本角の特性だったので、ずいぶん改善しました。プリント基板コイル型の基板の方が感度が低いというようなコメントどこかで見ましたが、確かにその通り。

At first it is below of non flat nature. And I could improve some on this filter. There were some comments on WEB page as printed circuit style filter was much worse than enamel coil style. I think that it was true.

f:id:nobcha23:20191026201149j:plain

固定コンデンサー(2pF,43pF)だった

 (回路図では43pFで実際来た部品は47pFだった)

 

 

 

ところで、エナメル線コイルの時の特性は次です。参考まで。

BTW there is enamel coil style filter characteristics below.

f:id:nobcha23:20190708194941j:plain

エナメル線コイルのフィルター帯域

 

 

 =====================

この後、可変コンデンサーの設定値をLCメーターで読み、固定コンデンサーに変えるとともに、固定コンデンサーを基板パターン上へ倒すと特性改善することに気が付きました。詳しくは次をどうぞ。

nobcha23.hatenadiary.com

 

 

 

 

 

 

 I shall review my blog articles as below.

 

今までのところを振り返ると次になります。

その1-通信販売で買った受信機キットを組み立てました。

「基板キットはアマゾンで買えます 」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/02/20/222204

「中国製キットの購入(エアバンドレシーバーキット)」
http://airbandreceiver.seesaa.net/archives/20190104-1.html
「キットが届きました。組み立て前の準備。」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/05/06/181104

エアバンドレシーバキットを組み立て前に部品 整理 」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/05/07/183308

エアバンドレシーバー パワーオン後チェック 局発調整」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/19/191506

「どんなケースに入れますか?  「エアバンドレシーバーキットの組み立て」」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/20/223357

「水晶発振ユニットの46MHzを発振させ3倍波で調整」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/22/001405

「中国製受信機キット用の標準ケースを買いました」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/23/112747


その2-組み立てマニュアル日本語版を作りました。
http://chitose6thplant.web.fc2.com/AB/manual.pdf

組み立てマニュアル(日本語化)を改訂
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/11/16/223710

キット組み立て時のトラブルシューティング
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/24/062852

エアバンドレシーバー組み立てトラブルシューティング 電圧チェックポイント  Trouble shooting after assembled by checking voltage
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/11/07/220727


その3-受信周波数を表示するために周波数カウンタを買って、受
信機の局発を引き出し外付けしました。

「周波数カウンターユニット - エアバンドレシーバーキットの組み立て」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/21/235227

エアバンド受信機キット、ケースに入れ、周波数ユニットは外付け」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/25/210837


しかし、この受信機の回路構成では局発が不安定です。そこで、デジタル方式の局発を作り、外部から供給すること
にします。局発および外部入力に関しては「その4」へと続きます。

その4-外部局発入力
外部局発信号入力改造
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/30/142756
PICマイコンを使って信号発生器を自前開発試作
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/07/01/201120
中国製信号発生器を利用してみる -→結果いまいちでした
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/09/16/115436

その5-LNAで感度アップ
30dBアンプを追加  「エアバンドレシーバキットの組み立てと改造」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/07/10/202555

彫刻刀で削る基板 自作のLNA実験
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/08/18/220425

自作LNA基板をもう一度確かめる I checked the characteristics for home brew LNA board.
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/09/22/190335


その6-フロントエンドの帯域フィルタの特性は?

フロントエンドのフィルタ特性をみる  「エアバンドレシーバキットの組み立て調整」―→エナメル線空芯コイルの場合
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/07/08/195451

プリント基板フィルター型基板のフロント部分通過特性 Pass band characteristics for PCB pattern filter
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/10/26/201949

プリント基板パターンコイルフィルタの通過特性改善
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2020/01/13/185929

 さらなるプリント基板パターンコイルフィルタの通過特性改善

https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2020/03/15/152653

 

今後の計画ですが、局発デジタル化に伴い、中間周波帯域の狭帯域化での対隣接チャンネル妨害や対イメージ回避能力を試したいと思っています。

 

 

 

 

 Airband receiver aluminum case

ポケッタブルエアバンドレシーバーHRD-737を買い、ケースを開けてのぞいてみる

胸ポケットに入る、コンパクトなエアバンドレシーバーが売られている

と聞いて、これは面白そうと、試してみることにしました。

 

航空無線受信機がAMAZONにて6000円弱で買えるということです。中

国製HRD-737を買ってみました。

 

中国本土(深せんらしい)から航空便でやってきました。今日はまず、

ケースを外して中をのぞいてみます。

 

もともとあったFM/AMレシーバーのケースを流用したみたいで、乾電
池ケースの中にリチウムバッテリーが入っていたり、AM用バーアンテ
ナはスピーカー裏テープ止めとか、安くするための工夫が沢山されて

います。

 

電池入れ替え用の蓋をスライドして開け、次に2本のビスを緩めケース

をばらします。中の基板をのぞいてみましたが、最新の表面実装基板で、

よく見ると、DSPラジオICと制御マイコンのIC名称が消されています。

コピーされないように手間かけてます。昔々日本製の電子装置でもこの

ように手間暇かけてICの捺印を消して真似されないようにしたこともあ

りましたが、今の中国ではそういうことが日常的な防護策になっている

のかと思われます。

 

f:id:nobcha23:20200105180358j:plain

裏ケースを開けたところ(HRD-737)

しかしながら、そこまでしても、どこでも何でも情報があるようで、

次に紹介するWEBにHRD-737フォーラムがあり、その中にラジオICは

旭化成マイクロシステム社のAKC6955だろうとありました。

Critical reviews of the $37 HanRongDa HRD-737 shortwave radio

 

また、このラジオはちょっと感度が悪いので、かなり強引にもプリア

ンプを内蔵させると言う書き込みもあります。回路とか実装について

YOUTUBEに情報があるようです。

Imre’s HanRongDa HRD-737 modification increases sensitivity


この引用した改造情報ではアンテナの前にTRで増幅回路を入れ、受信

感度がよくなったと説明されています。

しかい、他の方から、デジタルノイズだらけの基板上で広帯域増幅器

でノイズも併せ増幅しいるので受信信号強度が増したように思ってい

るだけとの酷評もあります。ワタシもそう思います。

 

プリアンプを入れるならこのアンテナ端子前ですね。プリアンプ追加

と言うチャレンジは追って検討実験してみることにします。

 

f:id:nobcha23:20200105180536j:plain

アンテナへの配線部

 

 eBAYなら。

rover.ebay.com