nobcha23のエアバンド受信機自作ブログ DIY airband receiver BLOG

エアバンドレシーバーキットの組み立て、改造を手掛けます Assemble and remodel Chinese airband receiver kit

初段フィルターなどを見直し I reviewed the front end filter of R909-DSP

2SC3355のピン番配置実装間違いなどあり、R909-DSP受信機の利得関連設計を見直すことにしました。
I made mistaken to edit the 2SC3355 pin allignment and I shall review around the gain distribution in R909-DSP radio.

1. R909-DSP受信機の利得配分を見直し、回路動作の妥当性を確認。
こんな感じで?を埋めていきます。
I shall review the gain distribution and measure or simulate every step value. Accordingly I will fill the data of each columns.

 

Gain distribution

2. 今組み立てている回路(R909-DSP-RF2基板)の初段フィルターを再設計する。
As I'm assembling the new PCB of R909-DSP-RF2, I will redesign the first stage of filter.

 

3. 2SC3355のIF回路も見直す。
Also I will redesign the IF stage of 2SC3356. 

 

4. tinySAultraのRF信号発生器機能が感度測定信号源として使い勝手が良い。せっかくなので、受信機側でSINAD測定をできるようにしたい。YOUTUBEで見るとSINADメーターと言うものがあるので、コピーできないか調べてみます。
To measure the sensitivity stably, I shall study the SINAD meter which are introduced on YOUTUBE. I would copy a cirtain example.

 

 

 nobcha

感度が悪い原因判明 I found the cause of low sensitivity

R909-DSP受信機(TA2003+Si5351a+Si4732+Arduino/エアバンド+FM放送)の試作を紹介し、感度が悪いと報告していました。
以前検討した受信機のゲイン配分見通しでは-100dBmよりは良いぐらいと期待していたんですが、結果は-85dBmぐらいです。仕方なく、LNAを前に入れて使っています。

As the receiver was lower sensitivity of -85dBm than my expectating of -100dBm, I used LNA.

なので、対策として、LNAを追加した基板を再度設計し、ちょうど組み立て始めたんですが、ここで感度不足原因が判明しました。KiCADのTRフットプリントはECBが標準で出てくるので、そのまま安易に使ったんです。ところが、2SC3355はBECでした。間違い実装、利得全く取れない動作をしていたようです。手持ちに2SC3357があり、これは表面実装パッケージですが、裏向けるとECBなので、ちょうどうまく使えるので、入れ替えました。 

On the way to assemble the revised PCB, I found the error of foot print for 2SC3356 as EBC, I had mistaken to use the KiCAD standard TR foot print of ECB for it. So I chamged it to 2SC3357 of BCE and work well.

 

ということで、tinySAultraのRF信号発生器機能を使い、Si4732のSNRレポートを参考に測りました。

SNR10dBで-109dBm@118.1MHzです。130MHzの方だと‐115dBmぐらい。

I measured the sensitivity by using tiny SA ultra. The result was -109dBm@118.1MHz(SNR10dB:Si4732's report), -115dB@133MHz.

Measuring the sensitivity of R909-DSP

@118.1MHz

 

GITHUBのR909-DSPに日本語表記の情報を追加しました。

R909-DSP

自作エアバンド&FM放送受信機R909-DSPのその後ですが、エラッタ修正含め、感度改善版を設計試作の予定です。

 

でも一通り動いているので、現状のデータ情報類を整理しGITHUBにアップロードしました。回路図、部品表、スケッチ、ガーバーデータなどです。

 

日本語のマニュアルを作りました。

そして日本語のアップロードファイル一覧表も作りました。

詳細はGITHUBを見てください。

 

 

I posted my DIY R909-DSP video on YOUTUBE YOUTUBEに紹介ビデオアップロードしました

Arduino制御でSi4732+Si5351a+TA2003+OLED表示のエアバンド/FM受信機のスケッチデバッグが大体終わったので、紹介ビデオを作りました。
www.youtube.com

www.youtube.com

アルミ引き抜き材のケースに入れ、フロントパネルとバックパネルも基板で作成し、ATS20みたいな感じにまとめました。

内蔵基板はデジタル制御部のPANEL基板と、受信機関連のRF基板からなっています。

感度がいまいち(-85dBm)だったので、LNAを前置しています。対策としてLNA追加のRF基板を設計・改版したいと思います。


As I finished to debug for Arduino based Si4732+Si5351a+OLED airband radio, I edited the introduction video. I had designed this radio from scratch.

I installed the radio electronics into the aluminum mold case as looking like as ATS20.

There are PANEL PCB and RF PCB. The sensitivity is not enough (-85dBm) and I added LNA module on radio. So I would like to reedit the RF PCB pattern.

www.hackster.io

 

ケースのパネルを基板で To make the case panel by PCB

J909-DSPのケースですが、Aliexpressで売ってるアルミ引き抜き材のケースとフロント、バックのパネルはプリント基板で作ってみました。

 

PCB

 

 

出来上がりはATS-20みたいになりました。
The assembled example is here. It looks like as a ATS-20.

CASE



またまたPCBGOGOに依頼。事前チェックで引っ掛かり、基板を作る前に相談して解決。

PCBGOGOリンクURL:https://www.pcbgogo.jp/promo/nobcha23


I found the case made of the aluminum moldng material at Aliexpress.
As drilling the case is hard, I made the front and back panel by PCB.


Many thanks for advising prior to produce the PCB. This time I got some advices from PCBGOGO stuff.

 

Front

Back

 

なおスケッチの方はまだデバッグ中。AB受信もFM受信もチャンネルメモリーもうまくいったが、AB/FM切り替えにバグあり対策中。
I'm still debugging for J909-DSP sketch.

www.youtube.com

 

R909-DSP-OLED版の操作フロー The flow diagram for R909-DSP-OLED version

Si4732を親受信機に、TA2003フロントエンドにSi5351aモジュールを局発として付加したエアバンド受信機を試作しています。OLED表示の構成にしたものではブロックダイヤグラムは次の通りです。

 

I’m making the airband receiver with TA2003 as a frond end, Si5351a as a local oscillator, and Si4732 as a mother receiver. The block diagram of OLED display type is below.

 

ブロックダイヤグラム


その操作体系ですが、1.ロータリーエンコーダー・スイッチを使い、ルーレット方式でメニューを入れ替え、2.プッシュスイッチで機能を選択決定、3.ダブルプッシュで関連パラメーターをEEPROM書込みするというスタイルです。


This rig's operation flow is the following steps. The rotary encoder is showing menu as a roulette and to select a cirtain one on RE-SW pushing. Double pushing is effecting to store the related parametrs in EEROM. l will introduce it by key operation flow diagram as below. 

 

操作フロー

Operation flow

さて、スケッチですが、当初ADAFRUITSのOLED、ETHERKITの5351a、PU2CLRの4732ライブラリーを組み込むとフラッシュ使用量が100%を越えました。試しに5351aをTJ labのコードにしたら、90%を下回ることができ、他にもメモリー削減努力したら83%まで低減できました。SRAMも1kは残さないといけないので、F(***)なども多用し50%以下となっています。


At first the usage of flash(ADAFRUITS'sOLED、ETHERKIT's5351a、and PU2CLR's4732 are contained.) was more than 100%. And I changed ETHERKIT's5351a to TJ lab's code, then it became less than 90%. Also the other effort resulted 83% usage. To save 1k byte SRAM for OLED lines buffer I used F(***) function and it was less than 50%.

 

OLED‗Format

 

Front panel

 

ビデオは次です。

There is a video but the version is last but one.

www.youtube.com