nobcha23のABブログ Airband receiver kit BLOG

エアバンドレシーバーキットの組み立て、改造を手掛けます Assemble and remodel Chinese airband receiver kit

プリント基板パターンコイルフィルタの通過特性改善

キットではプリント基板パターンコイルフィルタの同調用コンデンサーは固定です。

それも2pFと47pF(回路図は43pF)です。

 

エナメル線空芯コイルフィルタの場合はコイルを巻き間隔を伸ばしたり、縮めたりとできましたが、固定パターン固定コンデンサでは手が出ません。

 

そこで、部品箱から可変コンデンサーを見つけて、入れ替えてみました。

2pFの替りに最大8pF、47pFの替りはMAX60pF(茶)とMAX100pF(黒)です。

f:id:nobcha23:20200113115725j:plain

可変コンデンサーに入れ替え

中心周波数はC8の影響が大きい。C3とC4が帯域幅に影響。

 

f:id:nobcha23:20200113185811j:plain

TGの特性

f:id:nobcha23:20200113185834j:plain

試行錯誤調整の後

 可変コンデンサーに変えて調整する前はこんな二本角の特性だったので、ずいぶん改善しました。プリント基板コイル型の基板の方が感度が低いというようなコメントどこかで見ましたが、確かにその通り。

f:id:nobcha23:20191026201149j:plain

固定コンデンサー(2pF,43pF)だった

 (回路図では43pFで実際来た部品は47pFだった)

 

 

 

ところで、エナメル線コイルの時の特性は次です。参考まで。

f:id:nobcha23:20190708194941j:plain

エナメル線コイルのフィルター帯域

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までのところを振り返ると次になります。

その1-通信販売で買った受信機キットを組み立てました。

「基板キットはアマゾンで買えます 」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/02/20/222204

「中国製キットの購入(エアバンドレシーバーキット)」
http://airbandreceiver.seesaa.net/archives/20190104-1.html
「キットが届きました。組み立て前の準備。」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/05/06/181104

エアバンドレシーバキットを組み立て前に部品 整理 」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/05/07/183308

エアバンドレシーバー パワーオン後チェック 局発調整」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/19/191506

「どんなケースに入れますか?  「エアバンドレシーバーキットの組み立て」」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/20/223357

「水晶発振ユニットの46MHzを発振させ3倍波で調整」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/22/001405

「中国製受信機キット用の標準ケースを買いました」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/23/112747


その2-組み立てマニュアル日本語版を作りました。
http://chitose6thplant.web.fc2.com/AB/manual.pdf

組み立てマニュアル(日本語化)を改訂
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/11/16/223710

キット組み立て時のトラブルシューティング
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/24/062852

エアバンドレシーバー組み立てトラブルシューティング 電圧チェックポイント  Trouble shooting after assembled by checking voltage
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/11/07/220727


その3-受信周波数を表示するために周波数カウンタを買って、受
信機の局発を引き出し外付けしました。

「周波数カウンターユニット - エアバンドレシーバーキットの組み立て」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/21/235227

エアバンド受信機キット、ケースに入れ、周波数ユニットは外付け」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/25/210837


しかし、この受信機の回路構成では局発が不安定です。そこで、デジタル方式の局発を作り、外部から供給すること
にします。局発および外部入力に関しては「その4」へと続きます。

その4-外部局発入力
外部局発信号入力改造
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/06/30/142756
PICマイコンを使って信号発生器を自前開発試作
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/07/01/201120
中国製信号発生器を利用してみる -→結果いまいちでした
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/09/16/115436

その5-LNAで感度アップ
30dBアンプを追加  「エアバンドレシーバキットの組み立てと改造」
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/07/10/202555

彫刻刀で削る基板 自作のLNA実験
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/08/18/220425

自作LNA基板をもう一度確かめる I checked the characteristics for home brew LNA board.
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/09/22/190335


その6-フロントエンドの帯域フィルタの特性は?

フロントエンドのフィルタ特性をみる  「エアバンドレシーバキットの組み立て調整」―→エナメル線空芯コイルの場合
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/07/08/195451

プリント基板フィルター型基板のフロント部分通過特性 Pass band characteristics for PCB pattern filter
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2019/10/26/201949

プリント基板パターンコイルフィルタの通過特性改善
https://nobcha23.hatenadiary.com/entry/2020/01/13/185929

 

今後の計画ですが、局発デジタル化に伴い、中間周波帯域の狭帯域化での対隣接チャンネル妨害や対イメージ回避能力を試したいと思っています。

 

 

 

 

 Airband receiver aluminum case

HRD-737のケースを開けてのぞいてみる

AMAZONにて6000円弱で航空無線受信機が買えるということで中国製の
HRD-737を買ってみました。今日はケースを外して中をのぞいてみます。

もともとあったFM/AMレシーバーのケースを流用したみたいで、乾電
池ケースの中にリチウムバッテリーが入っていたり、AM用バーアンテ
ナはスピーカー裏テープ止めとか、安くするための工夫が沢山です。

2本のビスを緩めケースをばらし基板をのぞいてみましたが、表面実
装基板で、さらにDSPラジオICと制御マイコンはIC名称が消されてい
ます。

 

f:id:nobcha23:20200105180358j:plain

裏ケースを開けたところ(HRD-737)

しかしながら、何でも情報があるようで、先日紹介したWEBでHRD-737
フォーラムがあり、その中にラジオICは旭化成マイクロシステム社の
AKC6955とありました。

Critical reviews of the $37 HanRongDa HRD-737 shortwave radio

Imre’s HanRongDa HRD-737 modification increases sensitivity


引用した改造情報ではアンテナの前にTRで増幅回路を入れて、受信感
度がよくなったと説明されています。ほかの方から、デジタルノイズ
だらけの基板上で広帯域増幅器でノイズも併せ増幅しいるので受信信
号強度が増したように思っているだけとの酷評もあります。

 

プリアンプを入れるならこのアンテナ端子前ですね。

f:id:nobcha23:20200105180536j:plain

アンテナへの配線部

 

 eBAYなら。

rover.ebay.com

 

ちょいポケエアバンドレシーバー試してみました HRD-737

f:id:nobcha23:20191231144040j:plain

しっかりした印刷箱に丁寧に詰められて追跡付き郵便でやってきました

まずは仕様です。

 

仕様一覧: 品番:HRD-737 製品名:ポータブルラジオ

周波数:FM:87.5-108MHz(100KHzステップ) AM:520〜1720KHz SW:2.3〜30MHz CB:25〜28MHz AIR:118〜138MHz VHF:30〜223(FM-N / FM-W)

スピーカー:Φ40mm8Ω1W 

電源:DC 5VでマイクロUSBから バッテリー容量:3.7V 700mAhリチウム電池

商品サイズ:10.5 * 6 * 1.5cm  重量:75.4g パッケージサイズ:13.2 * 8.7 * 4.7 cm  箱重量:216.8g カラー:ブラック/ゴールド

 

包装内容明細: 1 *携帯ラジオ

1 *3.5mmイヤホン(ステレオ)

1 *延長アンテナ(ワニ口ケーブル引っ掛け)

1 *充電ケーブル(Micro-USB)

1 *ストラップ

1 *ユーザーマニュアル(英語中国語)

 

操作キー配置などは次です。

f:id:nobcha23:20191231181644j:plain

各部操作キー

 マニュアルは中国語と英語なので、まずは使いそうな機能に対して英語から訳してみました。

 

次にエアバンド受信がらみのボタンキー操作を一通り箇条書きで示します。

 

まずはUSBケーブルで充電。2-3時間で充電できるようです。

半日ぐらい聞き流しで使えそうです。

 

POWER/SLEEPボタン長押しが電源ON/OFF

 

BAND選択→AIR

周波数選択→TUNINGボタン(上下)で周波数チャンネル選択

TUNINGボタン(上下)長押しでサーチモード

 

MEMOキー使ってのCH1-50での記憶設定と呼び出し

周波数選択CH設定→MEMOボタン長押し→VOLボタン(上下)で 書き込みチャンネル選択→MEMOボタン短押しでCH設定されます。

CH呼び出しはMEMO短押しからVOLボタン(上下)で選択、確定は無し。

呼び出した後はTUNINGボタンで周波数のアップダウン可能です。

 

エアバンドスケルチのオンオフはエアバンド受信中にSETを 長押しして設定モードにし、SET短押しでオンオフの切替です。

 

なお、受信中に**dBと表示されますがRSSI表示です。

 

POWER/SWEEP長押しするとスリープモードに入ります。

 

中波の9k/10kの切替は中波受信中にMODEボタン短押しです。

 

以上で使えるようになりました。上着やシャツの上ポケットに入る大きさ軽さなので、今度大阪国際空港近辺無線のワッチ・見学サイクリングを実施したいと思っています。

 

少し使ってみて一点追加、アラーム消し方がわからず、毎日12時なったらピッピとなって、家族から文句言われてました。

スリープからPOWER押して立ち上げ中にBANDボタン短押しで時計マークが点き、消えします。

 

 

 

eBAY New HRD-737 Digital LCD Full Band FM/AM/SW/CB/Air/VHF Stereo Radio Receiver Gear

rover.ebay.com

HRD-737エアバンド受信可能ラジオ買いました!

 

f:id:nobcha23:20191231144040j:plain

箱から出したHRD-737一式



 

eBAYだったので、4000円ちょっと。説明書にもtoyと書いてあるので、これからどんなものか、確かめてみます。

 

早速大阪タワー118.1に合わせるとクリアに受信。

 

 

 

 eBAY New HRD-737 Digital LCD Full Band FM/AM/SW/CB/Air/VHF Stereo Radio Receiver

rover.ebay.com

 

なぜか妨害波が出ています

ついこの間からなのですが、エアバンドを受信しようとすると、ちょうど大阪タワー120MHz近辺で妨害波が出て困っています。

 

今日は簡易スペアナでフィールド状況がどうなのか測ってみました。アンテナは4分の一波長ホイップ、30dB利得があるというLNAを入れてFM帯域ぐらいから100MHz幅でみてみます。

f:id:nobcha23:20191201162703p:plain

電波状況

129.65MHz付近に強力な電波が出ています。

 

今手掛けているエアバンド受信機は局発が不安定な分、中間周波数の帯域が甘く、数百kHzあります。そのため、デジタル局発のスプリアスなども交じり合い妨害を受けてしまうようです。

 

 

こうなると次の課題は、狭帯域化と、選択度改善ができないかということですね。

 

 

Airband receiver kit Airband receiver aluminum case  KKmoon レシーバーキット エアバンドラジオ レシーバー DIYキット 航空バンドレシーバー 高感度

 

組み立てマニュアル(日本語化)を改訂

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
amazoneやeBAYなどで売っている航空 
無線用受信機キットを組み立て、改造   
しております。キットの組み立て、調整、
そして受信周波数表示から、さらに一歩
進んでデジタル型局発の試作と局発       
外部入力改造を行います。                     
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国製のエアバンドレシーバーキットを組み立てて、遊んでいます。

 

組み立てマニュアル(日本語化)を改訂しました。

 

 

------------------------------------------------
I'm attempting to assemble, and
remodel for Chinese receiver kit.
To improve performance I would
like to add frequency displaying
and digital attended local ocsillator
modified.
------------------------------------------------

 

I'm now assembling Chinese airband receiver kit and remodelling it.

I had edited assembling manual in Japanese. I will translate it into English later.

 

rover.ebay.com

 Airband receiver aluminum case

エアバンドレシーバー組み立てトラブルシューティング 電圧チェックポイント  Trouble shooting after assembled by checking voltage

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
amazoneやeBAYなどで売っている航空 
無線用受信機キットを組み立て、改造   
しております。キットの組み立て、調整、
そして受信周波数表示から、さらに一歩
進んでデジタル型局発の試作と局発       
外部入力改造を行います。                     
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国製のエアバンドレシーバーキットを組み立てて、遊んでいます。

 

先のメールで紹介したWEBの中でも、結構な方が組み立てても動かないというクレーム?ヘルプメッセージをポストされています。

 

その中でトラブルシューティングのため主要ICのテスター電圧チェックのポストがありました。これは組み立てて動かないときの目安になりそうです。動いている基板の主要と言わず、ICとTRの電圧をテスターで測って表にまとめてみました。

 (実はデジタルテスターで測るというちょっと荒っぽいやり方は米国のBLOGで教えてもらいました。そしてそこの議論に参加しようとしたら、イタリアの人から全部のICの電圧を測ったのなら教えてよと言われ、このブログにしました。まあ、国際協力持ちつ持たれつです。)

 

f:id:nobcha23:20191118223140j:plain

テスターで電圧チェック

 

------------------------------------------------
I'm attempting to assemble, and
remodel for Chinese receiver kit.
To improve performance I would
like to add frequency displaying
and digital attended local ocsillator
modified.
------------------------------------------------

 

I'm now assembling Chinese airband receiver kit and remodelling it.

 

As I introduced POST of "DIY Kit for Aircraft Band Monitoring", there are many person compliant with no working after assembled.

 

There was  a post which was handled IC terminal voltage check by tester. I thought that this was wll for trouble shooting. And I had measured every voltage of active parts as above list.

 

f:id:nobcha23:20191118223223j:plain

Check terminal voltage by digital tester



 

 

 

rover.ebay.com

  Airband receiver aluminum case