nobcha23のABブログ Airband receiver kit BLOG

エアバンドレシーバーキットの組み立て、改造を手掛けます Assemble and remodel Chinese airband receiver kit

LTspice simulation for muting 386   386のMUTE方法をLTspiceシミュレートしてみる

まずはそもそも編。LTspiceを使って、386のミュート方法を試してみます。

中国製航空無線キットのオリジナルMUTE部をシミュレーション用に回路図入力しました。(プッツン音がひどいので・・)

f:id:nobcha23:20220104230009j:plain

Original circuit


元回路では前段アンプLM358入力をダイオードでGNDクランプしています。その結果、MUTEかけた時にものすごいプッツンノイズ発生。数秒間続く。このプッツンノイズが気になり、386MUTE方法をトライし始めました。シミュレーションしてみても確かにMUTEかけた時、MUTE解除時に1秒ぐらい数ヘルツのスパイクノイズがでるようです。

(ミュート切替信号はパルス源:開始時1Vで100mS後にミュート解除0.4V、0.5秒間解除後ミュートに戻る。受信信号源はAV電源:50mV電圧の1kHz信号。電源投入し、0.3秒とか3秒の遷移観測)


At first, I would like to simulate the circuit of the Chinese receiver kit. They clump the input signal by a diode to the ground. When switching to mute, there is a large noise occurred. Therefore I would like to improve. To find a better way I investigate the circuit by simulation.


Please look at the res is ult of the simulation. When turning off to mute, there are several Helz noises.  (The blue trace is the MUTING signal of AGC, and the green trace is 386 SP output.)

f:id:nobcha23:20220104225511j:plain

Original circuit

JRC NJM386マニュアル記載の利得制御の#8をGNDに引っ張る方式。これも瞬時ノイズ出ます。

f:id:nobcha23:20220104225557j:plain

P#8 switched

JRC NJM386マニュアル記載のバイアス制御の#7を+側に引っ張る方式。これも瞬時ノイズ出ます。

f:id:nobcha23:20220104225735j:plain

P#7

JRC NJM386マニュアル記載の#2を+バイアスする場合。R80キットはこの方式です。これも切り替え時にでます。

f:id:nobcha23:20220104225804j:plain

P#2

どれもこれも切り替え時に数Hzの切り替えノイズが出ます。どうも386は動作バイアス条件変わると数ヘルツのノイズを発生するようです。


I got a big noise for every application of JRC data sheets.

 

 

さて、グッドフィーリングのアイテック電子の千葉OMが推薦する方式はどうでしょう。#2を+側に引っ張る方式の亜流と思います。

f:id:nobcha23:20220104225914j:plain

Improved


すごくきれいですね。この回路の勘所はP#2ないしは3に電流を流し込むということのようです。そして、目安は0.5V程度になると増幅回路が飽和して利得がなくなり、ミュートするようです。
また、メーカーあるいはロット差なのか、電流値は規格化されていないので、P#2のバイアス回路抵抗はカットアンドトライで見つけないといけないようです。


BTW there is scarcely noise by using the recommended method of Mr.Chiba.
Please refer to the simulation result. I think that the circuit shall be saturated when the input terminal voltage of 2 or 3 is more than 0.5V.
This is affected by the input current, so we shall adjust the value of resister by experiment.

 

As a result of these simulations and practical circuits working, the way of 386 muting by Mr.Chiba is very cool.

qrp.sblo.jp