nobcha23のABブログ Airband receiver kit BLOG

エアバンドレシーバーキットの組み立て、改造を手掛けます Assemble and remodel Chinese airband receiver kit

自作LNA基板をもう一度確かめる I checked the characteristics for home brew LNA board.

SiGeのSGA6389Zという小電力パワーMMICのLNAですが、部品が悪いのか、実装が悪いのか利得が取れません。

I used SGA6389Z of SiGe small power MMIC. This circuit will not do well somehow.

 

カタログでは100MHzぐらいだと15dB出るというのに、測ると10dBも行きません。

On the catalogue we can expect 15dB @ 100MHz, testing value is less than 10dB.

 

電源供給用の空芯コイルがダメ見たいなので、表面実装の0.1mHチップインダクタにしました。

Loading coil of power supply may not well and I changed it to surface mount 1mH chip inductor.
 
さて、GugaSt4.0を使って帯域増幅特性を見てみます。

I achieved to measure pass band amplitude characteristics by using GiGaSt4.0.

 

f:id:nobcha23:20190922175004j:plain

150MHzでの帯域通過特栽

今回はなかなか良い値です。カタログでは15.5dB出るとありますが、ざっと12dBぐらいあるので、基板実装での不整合、コネクタケーブル損失などあるので、よい値ではないでしょうか。

The result was good it works 12dB gain with insertion loss and connector/ cable loss.

今回の目的は118-150MHzのエアバンド帯域用ですが、もっと広い帯域ではどうかとみてみました。

We need 118MHz-145MHz band and I checked more wider band width.

 

f:id:nobcha23:20190922175214j:plain

1000MHzぐらいまでの特性

 

削り基板の適当な実装ですが、1GHzぐらいでも十分使えそうです。また、この石は20dBmも出るそうなので、送信機などにも使えますね。

Sharpened with sword print circuit board will do @ 1GHz. And this MMIC could handle 20dBm. We could utilize this for Transmitter AMP.

 

LNA 30dB