nobcha23のABブログ Airband receiver kit BLOG

エアバンドレシーバーキットの組み立て、改造を手掛けます Assemble and remodel Chinese airband receiver kit

テンキーを備えた高周波信号源の基板が中国から届きました SG board came from China

 

ADF4351というアナログデバイス社が開発したPLL-VFOチップにAVRマイコンをつないで、テンキーを備えた高周波信号源の基板が中国から届きました。

基板の説明書は次です。AVRのプログラムを入手しました。追って中身を調べることにします。

今日のところはどうして動かすのかなどの味見です。

RF signal generator PCB mojule which is assembled with ADF4351 Analogue device made and AVR micro computer, had came from China. The manual is below. I asked to send software and got it.

 

説明書の和訳は次になります。
―――――――――――――――――――――――――――――――
35MHz-4000MHz高周波信号発生源 ADF4351 VFO D6 V1.02

仕様
-供給電圧 DC4.5V-5.5V
-待ち電流 25mA以下
-動作時電流 150mA以下
-出力インピーダンス 50Ω
-出力周波数範囲 35MHz-4000MHz
-出力周波数設定ステップ 1KHz-8KHz
-信号出力電力 -1dBm(W)@150MHz(テスト時絶対電力1mW)

特徴
-簡単な高周波信号発生源
-主力部品 avr mega8 MPU,m16で一般的に使われる低背型シングルチップ周辺ADCには2.56V定電圧供給する。これは中位クラスマイコンにはない機能。

-ADF4351 伝統的VCO+PLL+6連高速二進回路。出力は周波数分割され方形波である。基本波の振幅はほとんど変化しない。

-この製品の中心はシングルチップマイコンであり、設計や開発を簡単にしている。AC出力であり、試験も周波数特性もACで行っている。測定機器の入力インピーダンスに注意してください。

もっと詳しい操作説明
この製品の操作は15種類のキーで行います。0-9までの10キーと++、--を周波数調整のために使います。
++あるいは-‐を短かく押すと、単位ステップ、例えば1KHz毎に周波数が増加ないしは減少します。1秒以上押し続けると連続変化モードになります。ステップ周波数は35MHz-138MHzまでは1KHz、138MHz以上なら10KHz、550MHz以上なら100KHzになります。スキャンモードから++、--あるいはOKボタンを押すと終わります。OKボタンは出力制御ボタンでもあり、押すと出力開始。もう一度押すと停止します。

++、あるいは--のボタンはOKの二回押しで送出停止されます。出力動作時には表示右隅に>>表示がでます。Cキーは信号出力を停止させ、周波数をゼロにするリセットキーです。


ステップ用<>キーの連続モードの指定により、もっと簡単に周波数調節可能ができるように、周波数ステップ幅を1K,10K,100K,1Mに切り替えできます。もともとのV1.01版ではキーボードの穴に3.3k抵抗がはんだ付けされていたが、今回よりPPTボタンが改良されました。新MCUの最新版ソフトウェアをインターネットでダウンロードすると、新しいソースコードと.hexが入手できます。FUSEビットはC9EFは違います。

 

新コードではLCD1602の電源スタート時デフォールトは”<>”ボタン押しで”<1k>”となります。4つのステップ幅はグルグル回って選択するやり方。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー35MHz-4000MHz RF Signal Generator Signal Source ADF4351 VFO HXY D6 V1.02

Specifications:

- Supply voltage: DC 4.5V-5.5V
- Standby current: <25mA
- Emission current: <150mA
- Output impedance: 50 ohms
- Output frequency range: 35MHz-4000MHz
- Output stepping: 1KHz-8KHz
- Output power: -1dBm (W) @ 150MHZ (test power absolute value) about 1 mW

Features:
- Simple RF signal source signal generator
- Core components: avr mega8 microcontroller, cost-effective single-chip, is a low-profile version of the commonly used m16. There is a 2.56v regulated source in the peripheral ADC, which is not available in other mid-range microcontrollers.
- Adf4351: Traditional VCO+PLL+6 series high speed bistable circuit. The output is obtained by frequency division, and the output is a square wave. The amplitude of the fundamental wave does not change much.
- This product uses the single-chip microcomputer as the core, which greatly simplifies the design, shortens the development time and saves the cost. It provides the signal source for the AC channel of the device under test and analyzes the frequency-amplitude characteristics of the AC channel. Please pay attention to the impedance of the measuring device.

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ということで、どんな発振信号スペクトラムかをGigaSt4.0を使用して確認します。

まずは128.8MHz(大阪タワー118.1MHz用の局発周波数)です。近接スプリアスがかなりひどいです。

I looked into spectrum of oscillating output by using GigaSt 4.0. At first I checked 128.8MHz signal. There are many sprious near the signal.

 

f:id:nobcha23:20191201151040j:plain

118.8MHzでの信号スペクトラム

 


続いて高い周波数ではどうなのかを確認。2000MHzです。

Next I checked 2000MHz of higher signal as below.

 

f:id:nobcha23:20190914174629j:plain

 

35MHz-4000MHz RF SG ADF4351 VFO

rover.ebay.com

 

 

航空無線受信機キット エアバンドラジオ受信機キット DIYキット 高感度 118-136MHz AM PCB 快適性