nobcha23のエアバンド受信機自作ブログ DIY airband receiver BLOG

エアバンドレシーバーキットの組み立て、改造を手掛けます Assemble and remodel Chinese airband receiver kit

GigaStV3.0がジャンク箱にありました

無線家のみなさんならご存じのアマチュア向けスぺクトラムアナライザキットのGigaStですが、作者の青山さんのご事情でサイト更新が止まっています。再開を祈願します。

 

さて、当局の場合は最新ではないV4.0を時折実験に使っています。

 

そして今回ジャンク箱を整理していたら、もうひとつ前の作りかけのV3.0を発見しました。GigaStのサイトには最新V5.0と一つ前のV4.0なら、説明書やソフトがあるのですが、V3.0はあまりにも古いのか、もう記載されていません。

 

何とか説明書やソフトを探してみようと色々調査、そういえば昔々のデータをボランティアサイトがアーカイブしている話を思い出し、探してみました。

 

インターネット・アーカイブ(archive.org)というのがそれです。現在のGigaStサイトの前に作者青山さんが作成されていたwakwak.comサイトが残っているか、検索をかけてみました。

http://www.archive.org

にアクセスすると次にリディレクトリされ、古いインターネットアドレスを入れるように促されます。

   https://archive.org/index.php

search archive欄(Serach archived web sitesをラジオボタン選択)が出るので、今のURLから推定して、V3.0のアドレスと思われる次のURLを入力検索します。

http://park7.wakwak.com/~gigast/GigaSt3///

 

そうすると2ページに渡って、WEBにあったhtmlやら関連画像ファイルのディレクトリー画面がでてきます。その中で2ページ目にでてくるhtmlをクリックすると、Ver3の解説ページが出てきました。また、htmlの近辺にexeがあります。頁を開いてソフトウェアダウンロードを指定すると、デフォールトのところに自己解凍のEXEファイルがダウンロードされます。

http://park7.wakwak.com/~gigast/GigaSt3/GigaSt-3.htm


後は解凍するだけです。Win10でXP環境のファイルが解凍できました。

WIN10環境なので、秋月のUSB-SERIALは使えず(ドライバ入れ替えがうまくいかず)eBAYで格安のケーブル(USD3ぐらい)を中国から買いました。

CH340 USB cable

つないでXPモードで動かすと動きました。

バラック配線のGigaSt3をつなぎ、手近にあったMC145163を使ったシンセサイザ局発をつなぐと無事にスペクトラムが出ました。

良かった。よかった。

 

f:id:nobcha23:20190731205003j:plain

GigaStV3.0が無事動きました