nobcha23のABブログ Airband receiver kit BLOG

エアバンドレシーバーキットの組み立て、改造を手掛けます Assemble and remodel Chinese airband receiver kit

30dBアンプを追加  「エアバンドレシーバキットの組み立てと改造」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
amazoneやeBAYなどで売っている航空無線用
受信機キットを組み立て、改造しております。
キットの組み立て、調整、そして受信周波数
表示から、さらに一歩進んでデジタル型局発
の利用とそのための局発外部入力改造、さら
に感度アップを行います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この受信機キットですが、ちょっと感度が悪いように思います。簡単に感度を上げるには前段にプリアンプを追加すればいいはずです。アマゾンに800円ぐらいの手ごろな価格のLNAが出ていたので、買ってみました。注文したら、意外と早く1週間ぐらいかかって中国からやってきました。次のような仕様です。

f:id:nobcha23:20190710202313j:plain

30dBのLNA



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
0.1-2000MHz RF 広帯域アンプ 30dB増幅器(デシベル) 高利得モジュール ノイズLNAの仕様

特徴:
広い周波数範囲、高利得、低雑音指数です。
この製品は、フロントエンド受信RFに適用され、低ノイズRF信号増幅を行います。

仕様:
動作周波数:0.1-2000MHz
アンプゲイン:F=0.1MHz, gain=32dB、F=500Mhz, gain=31dB 、 F=1000MHz, gain=29dB、
F=1500Mhz, gain=25dB、 F=2000MHz, gain=20dB、
最大出力:+10dBm(10mW)電源電圧:DC 6-12 V 入出力インピーダンス:50Ω
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WEBで調べたら、回路に実装されているチップの刻印から判断すると旧HP(現AVAGO)のINA-02186と言うMMICが使われているようです。

f:id:nobcha23:20190710202438j:plain

LNAの回路図



eBAYでもこのLNA基板は600円ぐらいで売っており、あんまり値段の差がないです。

rover.ebay.com


それではこのLNAをアンテナ端子BNCの前に入れて試してみます。そしていつもの伊丹空港の周波数に合わせます。30dBというだけあって、さすがです。今まで聞こえなかったグランドの応答が室内アンテナでも聞こえます。しかし、局発がまだ裸なので、家庭内ノイズも拾ってしまいます。

f:id:nobcha23:20190710202511j:plain

LNAつないで受信確認

 


局発もケースに入れないといけないですね。

 

Airband receiver kit Airband receiver aluminum case